治まらないかゆみは大人アレルギーかも

それまでなんともなく過ごしていたのに、ある日急にかゆみ等のアレルギー症状が突然あらわれてしまう、大人アレルギーになってしまう人が多くなってきたといわれています。そもそもアレルギーというのは、免疫とよばれる有害なウイルスや細菌等から守る体の防御システムが、ある物質の摂取量が許容範囲を超えるとそのある物質に対して過剰に反応してしまうようになることを指します。子どもの頃は感染症にかかりやすいこともあり、免疫システムは感染症に向いています。ところが大人になるとこれまでの免疫システムのおかげで感染症になる機会は減る一方、免疫システムはアレルギーを引き起こす物質に向くようになってしまうのです。アレルギーを引き起こす物質をアレルゲンとよびますが、このアレルゲンは人それぞれ違い、その反応もかゆみであったり、下痢であったり、頭痛であったりと様々です。そのためアレルギーとは知らずに慢性的な症状に悩まされていて、調べてみて大人アレルギーが原因だったということも多いのです。
対策の多くは予防していく方法になります。かゆみなどの反応の場合には、自分で疑わしい食品や物質がわかっている場合は摂取や接触を避けるようにすることが重要です。また食品の摂取の場合は加熱等を行ってから摂取することで反応しなくなる場合もあります。
どんなものでもアレルゲンになる可能性があるという点から、ある物質を過剰に摂取し続けるのは避けるべきでしょう。とくに発症を予防する方法として重要なのは好きなものを食べ過ぎたりしてしまうことです。これによってせっかくの好きだったものも大人アレルギーになって、食べるとかゆくなったりして食べられなくなってしまう可能性があるのです。