口腔アレルギー症候群の原因成分と治療薬

ある種類の食べ物を食べた後に口や唇に痒みや腫れなどの症状が出ることを「口腔アレルギー症候群」と言います。口腔アレルギー症候群では、その原因となっている物を食べてから1時間以内に症状があらわれ、そのほとんどは症状は重くなることはありませんが、場合によっては呼吸困難などの重篤な症状を引き起こす場合もあります。
原因となる代表的な食べ物としては、リンゴやもも、いちごなどのバラ科の果物、トマトやメロン、じゃがいもなどのウリ科の植物と言われています。これらの食べ物に含まれている原因成分が口の中の粘膜に触れることにより、症状があらわれます。
花粉症を引き起こす花粉類を口腔アレルギー症候群を引き起こす物質成分が共通しているため、花粉症を患っている人で多く発症するとされています。
治療は、原因となる食べ物の摂取を控える事となります。ただし、根本的な治療法や治療薬は開発されていはいません。症状によっては、抗ヒスタミン作用のある治療薬やステロイド薬などの治療薬が使用されることもあります。
なお、アレルギー成分が含まれている食べ物であっても、生のままではなく加熱をするなど加工をしたものであれば、症状が出ない場合もあるようです。その時々の体調により、症状の現れ方に違いが出る場合もあり、疲れやストレスが影響している可能性もゼロではないと言えるかもしれません。
花粉のシーズンだけではなく、一年中症状があらわれる可能性がありますので、気になる症状があるという場合には、医師に確認するようにしましょう。検査を受けることにより、アレルギーの原因となっている食べ物を特定することが出来ますし、今後の治療について相談することも出来ます。