ファディアのアレルギー診断薬について

ファディアはアレルギーの有無を診断するための薬を開発しているメーカーでもともとは世界的な製薬会社のアレルギー診断薬の一つのセクションだったのですが、ファディアとして分社化されて現在に至っています。スウェーデンに本社をおいている企業なので日本にあるファディアは現地法人なので外資系企業として扱われています。アレルギーは人間の免疫機能の過剰な反応によって起きるのですが、体調が悪い時に頻繁に起きるなどの様々な特徴があるので、これを見極めておくことでアレルギー反応を防ぐこともできます。例えば卵アレルギーの人は加熱するだけで食べられる人もいるのですが、卵白と卵黄のどちらも加熱によって固体になったにもかかわらず症状が出てしまう人もいます。アレルギーは一つの食品の中に原因となる物質を複数持っていることがあるので、卵の場合には3つのアレルゲンのうちの1つに対して反応するだけで腹痛や嘔吐、蕁麻疹などの症状が出てしまいます。生卵の状態が1番症状が出やすいのですが、ファディアの診断薬などを用いて検査をして加熱をしても活動を続けるアレルゲンに反応することがわかった場合には生卵もゆで卵もどちらも食べることができません。またアレルギーに関しては免疫機能の過剰な反応が原因となっているので、風を引いていたりすると免疫機能が働いているので、これに原因物質が重なることによって重篤な症状を引き起こすこともあります。また激しいスポーツと原因物質などが重なった場合にも症状が重くなる可能性があるので、症状が出やすい子どもたちは学校に症状や原因物質について申請をしておくことが重要です。喘息の場合は植物によるものが多く、夏から秋にかけてはブタクサなどのアレルギーが多くなります。