アレルギー研修会とは

現在の日本では、以前に比べてアレルギーで苦しむ人たちが増えてきています。子供の頃には全く症状がなかったような人でも、大人になってから症状が現れてくるような事もありますので、注意するようにしなくてはなりません。特に食べ物などによるアレルギーは、小さな子供でも油断が出来ないものになりますので、ただしい知識を得るようにしておくといいでしょう。アレルギーというのは、すべての人が同じものに反応をするわけではありません。猫に対するアレルギーを持つ人もいれば、小麦粉やそばなどに反応を示すような人もいますので、保育所などで子供を預かる場合には特に注意しておかなくてはならないでしょう。入園前にアレルギーに関して、親から聞いていたとしても、それ以外のものに反応をしてしまう事がないともいえません。今まで食べたことがないものを保育園などで食べた場合には、何が起こってもおかしくないと考えておくようにしましょう。対処方法を間違えてしまう事によって、命にかかわってしまうような事にもなりかねませんので、いざという時の対処方法を知っておくことはとても大切なことになります。そこで職員たちがアレルギー研修会を受けておくようにすると、正しい知識が身に付くようになるでしょう。研修会では、食物アレルギーに対する基礎知識を学んだり、適切な対処の仕方を学べるようになっています。いざ子供がアレルギー反応を示したとき、慌てる事なく対処をしていくことが出来るように、全職員がしておかなくてはなりません。慌ててしまうと適切な対処が出来なくなってしまいますので、研修会でしっかりと学ぶようにして、いざという時に備えるようにしておくといいでしょう。

紫外線アレルギーについて

紫外線アレルギーは、誰でも起こりうる症状です。そもそも紫外線とは、波長が短くエネルギーが強い光で、化学変化を起こしやすい性質を持っています。地球に届く紫外線はUV-AとUV-Bで、長時間浴び続けると皮膚がんなどの健康被害を及ぼします。そして紫外線アレルギーは、この紫外線の影響でアレルギー反応を起こすことを言います。普通の人が浴びても問題ない量に、過剰に反応しますが、多くの場合紫外線に当たった部分にだけ症状が現れます。皮膚が赤くなったり、水膨れができたりします。目は充血し、涙が出ます。時々全身に症状が出ることもあり、頭痛や発熱、吐き気として現れます。紫外線アレルギーの原因は大きく分けて2つあります。まず内因性によるものです。紫外線に浴び続けると次第に紫外線に対する抗体が減ります。抗体の数には個人差があり、代謝障害や遺伝子異常などの生体内異常を持つ場合、少し浴びただけで抗体を超えてしまいます。次に外因性による原因です。服用した薬や塗布した日焼け止めが紫外線に反応することです。またレモンなどの食べ物にも光毒性を持つものがあります。紫外線アレルギーは、皮膚科や大学病院などで「光線過敏症テスト」をすると、発症しているか分かります。症状が軽い人は、日焼け止めクリームをしっかり塗り、UV加工の長袖や日傘を選ぶと良いです。日焼け止めの中には、紫外線吸収剤という紫外線が肌に浸透するのを防ぐタイプがあります。白浮きはしませんが、肌への刺激が強いので、低刺激の紫外線散乱剤を選びます。症状が重い場合は、紫外線の強い日中の外出を避け、UVカーテンや窓にUVカットフィルムを付けるなど室内でも紫外線対策を行います。

アレルギー対策の食事

アレルギーは免疫の異常反応が原因で、薬ではなかなか改善されません。アレルギー体質を根本的に改善するためには、食事が重要です。まず抗アレルギー作用があると知られているのが、乳酸菌です。免疫機能を調整する細胞はTh1細胞とTh2細胞の2種類です。Th2細胞の働きが強すぎると、IgE抗体が過剰分泌されてアレルギー反応を起こします。乳酸菌にはTh1細胞を優位にする効果があり、ヨーグルトやキムチ、味噌を進んで食べると良いです。また大豆アレルギーでなければ、納豆にも免疫細胞のバランスを良くする効果があります。また分解されやすいタンパク質を摂取します。日本人は元々農耕民族なので、欧米人と比べると牛乳や肉を消化する力が弱いです。肉には多くのタンパク質が含まれていますが、魚のタンパク質より分解されにくく、アトピーの人が肉を食べると症状が悪化します。胃で分解されなかったタンパク質が腸で吸収されると、IgE抗体と反応するアレルゲンに変わります。タンパク質は分解されてアミノ酸になり、体を作る役割があるので、アジやイワシなど肉と同じくらいタンパク質を含む魚を食べます。さらに食事中のお茶でもアレルギー対策が可能です。グァバ茶に含まれているポリフェノールは、抗菌作用を持っており、アレルゲンになる細菌やウイルスを排除します。またコーヒーにはポリフェノールとカフェインが含まれています。コーヒーポリフェノールのエピカテキンは、白血球からアレルギー症状を引き起こすヒスタミンが分泌されるのを抑制する働きがあります。アレルギーを悪化させる脂っこい食べ物や、肉類などは洋食に多く含まれています。よって、和食に変えるだけでも一定の効果を得られます。

■アレルギーでお悩みの方にはこちらの治療薬
アレグラ